こどものオーラルケア
  • トピックス
  • こどもの歯について知る
  • 年齢別オーラルケア
  • よくあるQ&A

乳歯について

何もしなくても歯がズキズキ痛い

乳歯の特徴

乳歯は、生後6カ月ごろから生えはじめます。永久歯は、親知らずを除いて全部で28本ありますが、 乳歯は上下あわせて20本です。一般的に2〜3歳までに全て生えそろいます。

一番最初に生えてくる歯は、下の前歯の場合がほとんどです。前歯が下2本、上2本の順で4本そろってから、その上下両隣の歯が生えてきます。 前歯が出そろうと、次に奥歯が生えはじめます。

乳歯は永久歯よりも石灰化度が低くやわらかいので、虫歯になりやすい傾向にあります。親御さんがきちんと虫歯予防に取り組んであげることが大切です。

乳歯の役割

噛むこと

乳歯も、永久歯と同じように、食べ物を噛み砕くことが一番大切な役割です。
しっかりとよく噛むことで、お子さんの発育に必要な栄養を効率よく吸収することができます。
また、「噛む」ことは脳の発達や歯並び、顔の形の形成に良い影響を与えるとも言われています。

正しい発音

乳歯が生えてくる時期は、言葉を覚えていく時期でもありますが、乳歯がきちんと生えていることで、 正しく美しい発音をすることができます。

永久歯が正しく生える場所の目印

実は、乳歯は永久歯が正しく生えてくるための目印の役割もしています。
永久歯に生え変わるとき、乳歯の根っこが吸収されて、その下に永久歯が生えてくるようになっています。ですので、虫歯などで乳歯を抜いてなくてしまっていると、永久歯は生えてくる場所がわからず、歯並びが悪くなってしまうことがあります。

関連コンテンツ



豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック