妊娠中から「歯育て」しましょう!

妊娠前から「虫歯」「歯周病」の予防を!

ママになる前に知っていただきたいこと

ママになる前に知っていただきたいこと

虫歯は母子感染します

「将来かわいい赤ちゃんが欲しい!」と思っていらっしゃる女性の皆さんに知っておいていただきたいことがあります。
それは、将来生まれてくる大切な赤ちゃんが虫歯にならないために、「赤ちゃんが欲しい」と思ったその時から、お母さんが虫歯予防をすることです。
「なんで妊娠する前からなの?」と疑問の声が聞こえてきそうですね。
実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中はとてもきれいで、虫歯の原因になるミュータンス菌などがいないとされています。虫歯菌は、お母さんが赤ちゃんに離乳食を食べさせる時に熱いものをさます時に"フーフー"したりスプーンですくって、ちょっと味見をしたりした時に、だ液を介してはじめて赤ちゃんのお口の中にうつってしまうのです。

この時にお母さんのお口の中にたくさんの虫歯菌(ミュータンス菌)がいて虫歯がたくさんあったらどうなるでしょう?

赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が住みついてしまうと、生えたての乳歯は軟らかくて完全な形ではないので、虫歯菌の感染によって将来虫歯になってしまう確率が高くなってしまいます。これを虫歯菌の『母子感染』といいます。

赤ちゃんに虫歯菌を感染させないためには?

赤ちゃんに虫歯菌を感染させないためには?

赤ちゃんのお口の中に虫歯菌を感染させないためには、お母さんが妊娠中からきちんとお口のケアができていることがとても大切なのです。
お母さんのお口の中が虫歯だらけだとしたら、早いうちにミュータンス菌の母子感染が起こる危険性が高くなります。

赤ちゃんの歯は、お母さんやお父さんが守ってくれなければ、かっこうの虫歯菌の餌食になってしまいます。
そういったことが起こらないためには、妊娠前からお口のケアを意識して、歯の治療を受けるとともに、虫歯や歯周病の予防をしっかりと行いましょう。

さらに知っておきたい「妊娠と歯」について

妊娠すると虫歯になりやすくなるのはなぜ?

妊娠すると虫歯になりやすくなるのはなぜ?

ところで、「妊娠すると赤ちゃんにカルシウムをとられるから、それで虫歯になりやすくなるんじゃないの?」って思っている方いませんか?
実はそれ、大きな間違いなんです!

妊婦さんのお口の中は、ホルモンバランスの変化(エストロゲンやプロゲステロンの増加)によって、だ液の分泌量に変動が起こりやすくなります。妊娠中はつわりがおきるだけでなく、食事の内容が変化して一度に食べられる量が減る代わりに食べる回数が増えてしまうので、歯磨きもおっくうになりがちです。
歯磨きがしにくくなることで、お口の中が不衛生になり、新たな虫歯ができてしまうのです。

妊婦さんの約半数以上が歯肉炎

また、妊婦さんの約半数以上が歯肉炎になるといわれています。
歯周病菌は女性ホルモンを栄養として繁殖するため、女性ホルモンが増える妊娠中は、歯周病や妊娠性の歯肉炎、妊娠性エプーリス口内炎といったさまざまな粘膜の病気が起きやすくなります。

つまり、赤ちゃんに栄養を取られて歯が悪くなるわけではなく、妊娠中による体調や生活習慣の変化によって、虫歯などの病気になりやすくなる、ということなのですね。

赤ちゃんが生まれる前に、家族みんなで歯のケアを!

赤ちゃんが生まれる前に、家族みんなで歯のケアを!

先ほどもご説明しましたが、赤ちゃんと一緒にいる時間が長いお母さんからお口の中をきれいな状態にしておくことが大切です。

そして、生まれてくる赤ちゃんの歯を守るためには、お父さんやおじいちゃんおばあちゃんなど、周りの家族のみなさんも、赤ちゃんが生まれる前までに歯の治療をしたり、歯科医院で歯磨きやお口のケアの指導を受けるなどして、きれいな歯にしておくことが理想的です。

お腹の中で歯の芽は育ちます!

お腹の中で歯の芽は育ちます!

赤ちゃんの歯の芽は、胎生7週頃にでき始めます。この時お腹の赤ちゃんは11mmぐらいの大きさ。ちょうど「妊娠したかな?」と気づくころかもしれません。妊娠4〜5ヵ月ころには石灰化といって、歯が硬くなっていきます。
また、胎生3.5〜4ヵ月頃には永久歯である第一大臼歯の芽もつくられはじめます。思っていたよりもはやく赤ちゃんの歯の芽が育っていると思いませんか?
おなかの赤ちゃんの丈夫な歯を作るために、妊娠中はバランス良く栄養をとることがとても大切です。

歯を育てる栄養をきちんと摂りましょう

歯を育てる栄養をきちんと摂りましょう

強い歯の芽を育てるために、必要な各種栄養素とその作用は次の通りです。妊娠中は、日常から良質のタンパク質やカルシウム、ビタミンを多めにとり、バランスのよい食生活を心がけましょう。

  • 糖質・タンパク質⇒歯の基質に関与
  • 脂質⇒リン脂質は歯の石灰化に関与
  • カルシウム・リン⇒歯の石灰化
  • ビタミンA⇒歯のエナメル質形成に関与
  • ビタミンC⇒歯の象牙質形成に関与
  • ビタミンD⇒カルシウム、リンの吸収・代謝に関与
  • フッ化物⇒歯の耐酸性に関与
  • ホルモン⇒血中カルシウム濃度の調整

これらが過不足なく摂れることが理想です。不足してしまうと歯の形成不全や石灰化不全を起こしてしまうことがありますので、注意しましょう。

妊娠中のお口のケアのポイント

妊娠すると初期にはつわりの症状としてつらい嘔吐がみられます。
統計によると全妊婦の約15%が歯磨きする時に吐き気があるそうです。日頃から丁寧に歯磨きができていることが理想ですが、つわりがある時は難しいときもありますね。それではいったい、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

リラックスした状態で歯磨きを!

リラックスした状態で歯磨きを!

リラックスしていて体調が良い時にテレビや音楽を聴きながら歯磨きをしたり、お風呂に入っている時など、気持ちも体もゆったりとしている時に歯磨きをしてみることをおすすめします。

ヘッドの小さい歯ブラシを使いましょう

歯ブラシはなるべくヘッド(毛の生えている部分)がコンパクトなものが良いでしょう。だ液などがのどの奥に溜まると、刺激で吐き気が出ることもあるので、顔を下に向けて歯磨きするのも良いでしょう。

歯磨き剤は香りが強くないものを

歯磨き剤は香りが強くないものを

時には、歯磨き剤(歯磨き粉)の香りをかいだだけでも気持ち悪くなる時もあります。歯磨き剤は無臭タイプか、あまり香りの強くないものを使うことをおすすめします。

それでも吐き気が強い時はあえて歯磨きまでしなくても、食べ物が詰まりやすいところだけデンタルフロスや歯間ブラシをするのも良いでしょう。まったく歯ブラシが口に入れられない時は、強めのブクブクうがいをするだけでも良いと思います。

キシリトールガム

キシリトールの含まれているガムなどを噛むと、だ液もたくさん出てお口の中を健康な状態に近づけてくれます。

特に歯科医院で販売している【歯科専用】のガムは、お口の中の状態にもよりますが、4〜8粒、3ヶ月くらい食べ続けることによって、だ液の性状がベタベタからサラサラになり、歯垢(プラーク)が付きにくい状態になることが期待できます。

上記で紹介しているのはあくまでも市販品ではないので、もし興味がある方は一度かかりつけの歯科医院に相談をしてみてください。

妊娠前からお口のケアをすることで、将来生まれてくる赤ちゃんの虫歯のリスクを減らすことができます。

お子さんがはじめて歯科医院に行く時に、それが虫歯の治療ではなくフッ素を塗ってもらうことだったり歯磨きを教えてもらうことだったら、「歯科医院は痛くないところ」「怖くないところ」というイメージがついて、歯科医院に行きやすくなると思いませんか?

ぜひ、今からできる「歯育て」を意識して、赤ちゃんのために大切な「歯」という財産を残してあげてくださいね。

ページトップへ



歯のトリビア

注目トピック