こどものオーラルケア
  • トピックス
  • こどもの歯について知る
  • 年齢別オーラルケア
  • よくあるQ&A

0歳〜歯が生え始めのころ

0歳〜歯が生え始めのころ

お口を触れられることに慣れさせる

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、まだ1本も歯は生えていません。

一般的に歯が生えてくるのは生後5〜6ヶ月くらいといわれています。歯が生えてきたからといって、いきなり歯ブラシをしようとしてもイヤがってしまい上手に歯みがきさせてくれません。

歯を磨かせてくれるようになるには、ある程度保護者の方の努力が必要です。

いきなりお口を触っても大丈夫なお子さんと、そうでないお子さんがいるのは当然のこと。

どうせなら、歯が生えてくる前からお口の中を触らせても大丈夫なお子さんに育ててみませんか?ここではそんなヒントをお教えします!

お口の中を触っても嫌がられないためには?

まず用意するのは、お口の中専用の清潔なガーゼや使い捨てのお口の中をお掃除する歯みがきガーゼ(市販品で数種類でています)

でも待って!もっと大切なことがあります。それは保護者の方の優しい笑顔と赤ちゃんをむし歯菌から守る勇気です。

例えば沐浴の時など、赤ちゃんの顔や頭を拭きますよね?その時に一緒に赤ちゃんのお口の中も優しく拭いてみてください。お口の周りは敏感なところなので、はじめはイヤがるかもしれません。でもここで諦めないでくちびるを触ってみてください。はじめは優しく、そして、だんだんしっかりと触れるようにしてみてください。

お互い慣れてくるとイヤがらないで、きっと触らせてくれるようになると思います。そうなったら、用意していたガーゼを使って思い切って口の中に手を入れてみてください。

そうしているうちに赤ちゃんもお口に触られることに慣れてきて、きっとイヤがらなくなってくると思います。

まずは、お口の中に歯が生えてきたのを確認できたころは、こんな風に練習してみてください。

関連コンテンツ



豁ッ縺ョ繝医Μ繝薙い

注目トピック